きのこの砂糖づけ

2011年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年11月
ARCHIVE ≫ 2011年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

診断メーカー

友人がやってておもろかったので…。


http://shindanmaker.com/
診断メーカーという、自分の名前を入れて遊ぶ診断が
割といいひまつぶしになりますw
診断結果をツイッターにはりつけよう、みたいなヤツだったとおもう(?)
ツイッターやってないからここにはりつけてやる。

「あんじ」で診断。

あなたの犯罪ったー
あなたがみんなに隠している罪を暴きます。
あんじの隠している犯罪は『8件』の『痴漢』です。

格好良くない二つ名をつけったー
アナタにあまり?格好良くない二つ名をさしあげましょう。
あんじの二つ名は『おおいなるカナブン』です。

とかこんな感じ。

他には
あんじの裏で使われているあだ名は『洋楽』です。

あんじが確実に落ち込んでしまう要素五つ
『絶対リア充になれない 妄想が出来なくなる 貯金が無くなる 
携帯電話のデータ損失 変態として有名になれない』


あんじを単語一つで表すと「 ウ ザ い 」です

あんじの遺した名言 「自分の道を進む人は、誰でも変態です」

神様からあんじへ一言 神様「あれ?お前だれ?」

あんじにぴったりなあだ名『歩 く 猥 褻 物』

あんじの性格を五つで表しました『三日坊主 変態 意地っ張り 人懐っこい 厨二』

など…。
なかなか不思議と当たっている感じが楽しいね。
特に最後なんて結構すげえなwって感心しちゃったよ。


スポンサーサイト
【その他】 | Comments(4) | Trackbacks(-)

【ライフ】カブイベントはじまりゃーっしゃー

カブイベントはじまりました。

現在クエ5に入ったところ。
私はこの衣装可愛いと思うけどなー。
こんなにカブカブしくなくてもいいんじゃね?と思わないこともないですが。

kabu.png

UO最近の生活

最近つっても少し前ですが。

omen.jpg
ポストにキモい物体が入ってたwww
リアルに「ウワッ!?」って声でちゃったし。

ハロウィンのアイテムだったんだねー。
ダリさんありがとうございます。


omen2.jpg
自室の前に飾ったらいいカンジになった。
サイコー!


budo.jpg
たまたま葡萄さんが現れたので、いそいそと珍宝の設置をお願い。
珍宝どころか切り株とかまでお願いしてしまい…ありがとうございました。


きのこの話などしつつ

siroiruka.jpg
葡萄さんちへ。
シロイルカってなに?!
すげーレアくね??
キノコにブレスかけたりと、葡萄さんもたいがいなキノコフェチなご様子。ウヘラ…。
その発想なかったなあホント…。
私、キノコマニアとしての修行が足りないや。
旅に出ようと思う。


wazuka.jpg
これ微妙にムカつくよなww
【UO】日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

もうすぐ焚き火

のこり5日
パンケーキ2/4個目。
食べクエは終わっている。

よっぽど今後ありえないくらいリーフが出なくならなければ
クリアできるでしょうー!
maple.png

終わったらさっさと木を伐採して、動物たちの柵を移動させるぞー。

縁の話

ゲーム全然関係ないッス。



私には「親友」とお互いよべる友人がいました。
小学校から高校までずっと一緒で、社会人になってからもよく遊んでいろんな話をしました。
彼女が遠くへ嫁にいったあとも、ずっと仲良しでした。


私の中ではどんだけ新しく友達が出来ようと
彼女との付き合いが減ろうと、ずっと親友でした。
とにかく子供のときからの感情そのままの「親友」。
おにゃのこ同士がよく言う「私たちずーっと親友な!」(笑)
みたいなノリからのw

ですが、やっぱり距離とかお互いの付き合いとかできてくるしで
次第に疎遠になりました。
付き合いは年賀状と、たま~~にするケイタイのメールのやりとりのみになってきました。
思えば彼女が嫁にいってから心の病にかかり
そこからますます疎遠になっていったような気がします。
私はまったく交流をやめようなんて思っていなかったけど
彼女がイヤだったんだと思います。
そういう感じの話を聞いたり、彼女の気持ちがそうであろうと思われる
出来事があったりしてさみしかったのを覚えています。

私は距離を理由にして、彼女の一番つらかった時期に
行ってあげることも出来ませんでした。
彼女の気持ちをわかってあげることができなかったし
それどころかわかった気になってエラソーになんか言ったかもしれません。
繊細になっているときに、わざとじゃないにしても心無いことを言ったかもしれません。
それ以外にも若いころ確実にチョーシこいてた自分が
色々さみしー思いをさせたりもしたこともありましたが
彼女は忍耐強く待ってくれたりもしました。

自分の今までの行動を振り返って
「もし万が一彼女が私に嫌気がさしていたとしても仕方ないよな…トホホ」
と思っていました。


東北大震災があって、彼女は東北にいるわけじゃないけど
比較的近いところにいるので、何か影響があったのではないかと心配し、
しばらくしてからメールしてみました。
が、メールはそのまま帰ってきてしまいました。
「ゲェ!?拒否られてる!!!??」
とショックでした。
やっぱり私避けられてるんだなぁ。なんつって。
そのままそのメールに関しては放置で、
「今まで私のした心無い対応からすればそれも仕方ない。
今までのおわびの意味でも、私はキミの心が氷解するのを待つよ」
などと一人で酔いしれていましたwwww

またしばらくしてすごい大雨で各地で浸水とかえらいことになりましたよね。
彼女の住んでいるところも結構な被害だったので
心配になり、またまたメールで「そっち大丈夫~?テレビで見たんだけど。」
とものすごく当たり前にメールしたのです。

するとヒョイと返事がかえってきて
「近くまではヤバいが、自分とこは大丈夫。
ていうかずいぶん疎遠だったのに、
すっげ最近まで普通に交流してたみたいなメールきて笑ったわw」

私の心の中には常に彼女の存在があったので
(最近特に友情とか()人とのかかわりについて考えることが多かったので余計に)
ものすごくあっさりしたメールを送ったのが彼女にとっては意外だったみたいなのです。

そこからなんか盛り上がって、色々メールでやりとりをしたのですが…。
彼女が今までずっと思っていたことが分かりました。

「あんじももうそっちでどんどん友達とかできてきて、
私のことなんて過去の存在だろうと思ってた。
私も色々付き合いも増えたし友達もできたけど
自分の中ではずっとあんじが親友だった。
あんじはそうじゃないだろうなと思っていたけど。

心の病で一番つらかったとき、こっちで出来た友人は
一人二人と離れていった。
けどあんじとA(もう一人、よくつるんでた友人がいるのです)だけは
まったくかわらず自分に接してくれて、それがどれだけ私にとって救いだったか。」

といったような内容でした。
まあ私の気持ちなんてまったくの杞憂だったわけね。HAHAHA。
それどころか逆に感謝されてるよオイ。
ほんと驚きでした。

それ以来、直接はなかなか無理としても
ネットとかで地味に交流しています。

ネットで彼女と長々と話しましたが、
年月なんてなかった。といっていいくらい、
いつも一緒にいたときと変わらない感じな会話。
本当に不思議です。
彼女はまったく変わっていなかったわけです。

彼女とふたりで放課後イタ飯屋にいって
「デートのときでもみっともなくないパスタの食べ方」を
猛特訓していた、とかそういう私でも全く覚えてないような
エピソードをいまだに覚えていて、
思いださせられたという物悲しいオマケつき。


お互い大事に思っていれば
距離や年月なんて関係ないのかな。
なーーーんて思った私にとって大きな出来事でした。

結局震災後のメールが届かなかった原因は不明ですが、
震災後で混雑してたのかなあ…??
よく分からんけど…。
混雑にのっからないよう、少し間をあけてメールしたんだけども。
そのことも話したら
「黙って勝手に変えるわけないだろw
変えるならあんじにも言うわなw」だそうで…。
考えすぎはヨクナイね。

【その他】 | Comments(2) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。